施設により若干の違いがありますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

 評価の手法

  次の3つの手法を組合せて、事業所の実態を総合的に評価します。
  1. 利用者へのアンケート
    予め利用者(必要に応じて利用者家族)にアンケート用紙を配付または送付
して記入をお願いし、無記名にて直接評価機関に返送していただきます。
  2. 施設における自己評価
    評価シートに基づいて自己評価を行い、自己評価表を提出頂きます。
  3. 評価機関による評価
    評価調査員が施設から予め提出された資料類や自己評価表を分析したのち、
施設を訪問して次の3点から事業所の実態を調査して、結果を評価機関に報告
します。
〇 現場の視察  〇管理者、及び職員、利用者へのヒアリング 
〇管理資料類の閲覧



評価の決定方法

  評価調査員による事業所の実態調査から、評価の決定・報告までの流れは、
次の通りです。
 



 評価調査所要日数の目安

  次の通り第三者評価の申し込み後、契約の締結から評価決定まで概ね4~5か月。
なお、評価期間の短縮についてはご相談に応じます。
  1. 契約の締結から訪問調査まで 2.0か月
  2. 訪問調査から評価決定まで 2.5か月



 社会的養護関係施設の申込み

  評価機関ナルク宛て、お電話、FAX、又はメールにてご連絡下さい。事務担当者が
ご説明にお伺いします。又は、下記の「申込み用紙」に必要事項を記入の上 FAX
してください。
  電話番号:045-323-4711、 FAX : 045-309-7401
  メール: info@nalc.kf-hyoka.jp
  申込み用紙